肌が弱くても美白化粧品を使えますか?

シミやクスミのない美しい肌になりたいと思っていても、肌が弱いから無理なのでは、とあきらめている人も多いようです。 特に美白コスメは刺激が強いものもありますので尚更そう思うのかもしれません。 肌が弱くても美白効果のある美白化粧品を使えるのか調べてみました。

美白化粧品の中でもコウジ酸やリノール酸、プラセンタなどの成分を中心とした、肌のシミを取り除いたり、肌のターンオーバーを活性化してシミができにくくするようなタイプの化粧品は基本的には問題なく使えるようです。 多くの美白化粧品はこのようなタイプなので比較的安心して使えるでしょう。

また、肌が弱い人は肌の機能が正常でない場合もあるため、これらを整えて美白に繋げるようなタイプの化粧品も問題なく使えるでしょう。 最近では敏感肌用の美白コスメも登場しています。

シミに良い成分として知られているのはハイドロキノンです。 ハイドロキノンは刺激が強いことでも知られています。 ところが、ハイドロキノンの刺激を抑える美白化粧品も登場しているので、肌の弱い方でも使えるようになってきました。 すでにシミができている場合には、このような刺激を低減させたハイドロキノンがおすすめです。

美白化粧品の中には、肌に刺激を与えて肌のターンオーバーを無理やり起こすことによって美白に繋げるといったタイプの化粧品もあり、これらを肌の弱い人が使おうとした場合には肌への刺激が強いことから肌荒れに繋がることもあるようですから注意が必要です。 人によってどのような化粧品が合う合わない、というのはありますので、まずはテスターなどを使って自分の肌に合うのかを確認するのが一番安全でしょう。

美白化粧品 おすすめ | しみを消す美白化粧品 |

敏感肌は美白の効果を感じにくい?

敏感肌の場合は、美白化粧品を使っても効果が感じにくいと言われています。それは、メラニンが作られる原因と関係します。

一般的に考えられている、メラニンが作られる原因は紫外線が当たることです。これは正しいです。 しかし、それ以外でもメラニンが作られます。それは外部刺激です。例えば、花粉が当たったり、ゴシゴシと顔を擦ったり、ニキビができたりなど、様々な外部刺激があります。

敏感肌の方は、肌が炎症を起こしやすくなっています。 この炎症も外部刺激となるので、メラニンが作られる要因となります。 敏感肌の方が刺激のが強い美白成分を使うと炎症を起こしがちです。するとメラニンが作られるので、美白しているつもりでも効果が感じにくいのです。

今までは敏感肌の美白と言えば、刺激が弱いものを使うしかありませんでした。しかし、弱い美白成分が配合されているので、これでは効果も薄いといえます。 しかし、最近では敏感肌用の美白コスメも登場しています。これはバリア機能を正常にしてくれるもので、敏感肌を改善しつつ、美白をするというものです。

更新履歴